荻原研究室へようこそ

本研究室では、ヒトを含む動物の運動機能と身体構造の進化メカニズムを力学的に明らかにするとともに、その知見や技術を使いやすい製品の設計や身体運動に関わる医療分野などへ応用することを目指しています。 具体的には、二足歩行や手指動作の運動計測とシミュレーション、進化や成長に伴う動物の形態形成プロセスの分析などを行っています。

動物の動きや構造の研究というと、機械工学とは対極に位置するように聞こえるかもしれませんが、「バイオメカニクス」と呼ばれる機械工学の中でも歴史ある学問分野の一つです。

興味のある方は、研究内容のページを参照してください。そしてぜひ研究室にも見学にいらしてください。

プロジェクト

Ring!Ring!プロジェクト

2015-2016 機械工業振興補助事業
慣性センサーを用いた高齢者転倒予防システムの開発

交替劇プロジェクト

2010-2014 新学術領域研究
ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相:学習能力の進化に基づく実証的研究
プロジェクトホームページ
第5回研究大会

移動知プロジェクト

2005-2009 特定領域研究
身体・脳・環境の相互作用による適応的運動機能の発現:移動知の構成論的理解
プロジェクトホームページ

ページトップへ
Copyright (C) 2009 Ogihara Lab. Keio University All Rights Reserved.